2018年06月23日

歯の定期検診に通っています。

6月から歯の定期検診に通っています。
5月末、N歯科から定期検診のお知らせが届きました。
今年は歯磨きを頑張ったと自負していましたが、
右下の奥歯に小さな虫歯が、、、

少しショックでした。
しかしドクターは、歯磨きよく頑張りましたね。
この程度で済んだのは、歯磨きをしっかりしているからです。
一番磨きづらい歯をよくケアしています。と声をかけてくれました。

そう言われて先程のショックは消えていきました。
やはり、歯磨きの仕方は間違っていなかった。
これからも力いっぱい歯磨きを頑張ろうと。

お客さんに対するドクターはじめスタッフの声かけはまったく劣化していません。
むしろ進化しているように感じました。

N歯科、来月は中間決算です。
集客の状況は少し厳しいものがあります。
しかしリピーターは増加傾向です。

それは、日頃の検診のお知らせ、歯磨き指導、
年配の皆さんへの入れ歯のケア指導などで、
点数は低い、または取れなくても指導などにより、
来院につなげているからです。

私たちは目先の利益に飛びつきがちです。
これからはN歯科のように、
先を見た戦略も重要になってくると考えています。

あなたの歯科医院では、お客さんにどんな声掛けをしていますか?
歯磨きをしっかりできていると褒めていますか?
それとも、無言で治療しているのですか?
posted by kiki at 10:34| コミュニケーション