2017年09月13日

なぜ、無言で治療するの?

無言で治療

images1.jpg

先日、偶然に出会った知り合いが歯医者へ通っているそうです。

出会ったのは、彼女が歯医者での診察を終えて帰りの、
コンビニの中でした。
久しぶり、お茶する?ってことで近くのスタバへ。

積もる話もあり、昔のことや友人たちの消息など、
話題に事欠きません。

そのうち、歯医者の話になりました。
いま歯医者へ通っているんだけど、その先生最悪!!
っと、その歯科の悪口をいくつも。
よほど溜まっていたのか、話すほどに怒りが増幅されるような感じで。

コミュニケーション
そう腕の悪い先生ではないらしいです。
何が悪いの?って聞くと、何も言わずに黙々と治療をするだけ。

ひとこと、歯の状態とか、いま治療している歯のこととか、
説明してもいいんじゃない?と、私に向かって話す。

ねぇ、それってその先生に言ったらいいと思うよ。
そうすれば、
他の患者にも説明するようになるかもしれないし。

すると彼女いわく、
「いいの、この治療が終わったらもう、
この歯医者には行かないから。」

説明責任
少し怖い話になってきました。
その先生は、決して腕が悪いのではないといいます。
むしろいい治療をするかもしれません。

でも、お客さんは口を開けているだけです。
見ることもできません。

聞こえるのは、あのキーンという機械の音と、
衛生士への指示の声だけ。
声が出るのだったら、説明してよ!って感じでしょうか。

歯医者には説明責任があると思います。
お客さんはお金を支払って、サービスを受けに来ているのですから。
詳しく説明する必要があるとおもっています。

それをしないのは、
怠慢か、お客さんと認識していないか、
治療してあげるという上から目線か、だと思います。

集客の最大のツール
説明は最大の集客ツールです。

どんなに腕が良くても、医院がキレイでも、
スタッフの対応が良くても、
ドクターが無愛想なら、お客は離れていきます。

あなたは、きちんと説明しながら治療していますか?
もしくは治療後、今日はこのような治療をしましたと、
ビフォア・アフターを説明していますか?

もしできていないのなら、彼女のように、
「いいの、この治療が終わったらもう、
この歯医者には行かないから。」という客を作っていることになります。
タグ:治療 説明 無言
posted by kiki at 09:05| コミュニケーション