2017年05月25日

もっとも大切なことは「説明」!

「お客さんの声」

「歯科のお客さんは、もっと増やせます!」
読んでいただいたお客さんからメールが届きました(^^)

その要約です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書き出しは、「説明したことで」で感謝されました。でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
普段からkindleを使っていることもあり、
「歯科のお客さんは、もっと増やせます!」
早速読んでみました。

開業して7年になります。
しかし患者さん(お客さん)が増えません。

過当競争だし、仕方がないのかな?って考えていましたが、
この本で考えさせられました。

「お客さんが来ないのは、そもそも集客活動をしていないから。」
言われてみればそうですね。

積極的にお客さんにアピールしているかといえば、「ノー」でした。
この本の中に書かれているお客さんの不満「説明がない」にはドキッとしました。

どちらかと言うと、説明がうまい方ではありませんから。
だけど、「実況中継」なら、もしかして自分にもできるのでは、とはじめました。

その結果、
お客さんから「ありがとうございます」という言葉が聞こえるようになりました。
あたりまえに行っている処置を中継しただけで、こんなに喜んでもらえる。
目からうろこでした。

いかに、お客さんの不満に目を向けてこなかった、がよくわかりました。
医者というプライド、おごりがあったのかもしれません。
これからは、もっとお客さんの不満に目を向けて、お客さんに寄り添って行きたいと思います。

急にお客さんが増えるということではありませんが、
お客さんの不満を解消することで、集客につながると確信することができました。

Ps.できれば経営編をもっと詳しくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言う内容でした。
地方都市で開業し7年、未だ厳しい状況ということでした。
これまで集客活動をしてこなかった。

説明が集客活動になるとは考えてもみなかった。
できるところから始めます。と結んでありました。

初版で、第一作目で、つたない文章で書いた電子書籍を読んでいただいて感謝です。
もちろん、完璧ではありませんし、これからも編集を続けてバージョンアップしていこうと思っています。
経営編に関しても充実させていくつもりです。

さて、あなたの医院ではどのように集客活動をしていますか?
集客はすべての事業の基本です。

お客さんがいなければ、医院の維持、スタッフやドクターの生活の保証、
ドクターの夢、すべて成り立ちません。

スタッフとの、ミーティングなどで集客の重要性を今一度再確認しましょう。
posted by kiki at 09:48| 集客